ページトップへ

TOP > 校長室より

校長室より

 私は、本校勤務2年目となりました校長の砂後典之(いさご のりゆき)と申します。よろしくお願いいたします。

 本校は、明治8年松尾村に岳の下小学校、明治10年には岩蔵村に岩蔵小学校が設立され、明治18年6月に両校が統合され、現在の地に岩松小学校として創立されました。今年、創立135年を迎えます。

 本校の校区は、県立自然公園の天山山系中腹山間部から小城町中心街までの小城市北部に南北に広々と広がっています。校区北部には里山や棚田が広がり、江里山地区は棚田百選に選ばれ秋になると彼岸花が咲き誇ります。西日本一の名瀑布清水の滝には清水観音が祭られ、鯉料理が有名で夏には涼を求める観光客で賑わいます。清水の滝から流れ出る清水川は名水百選に選ばれています。学校の前を流れる祇園川には、初夏にはゲンジボタルが乱舞しホタル観賞の人々で賑わいます。

 校区南部は小城町を東西に貫通する国道203号北側の住宅地までを校区とし、小城大和線の県道拡張によりスーパーや書店、病院などが建ち並び賑わっていますが、校区全体としては自然に恵まれ,人情味あふれる土地柄です。他の多くの学校と同様に、児童数は減少傾向にあります。

 また、日蓮宗の鎮西総本山である松尾山光勝寺、日本三大興国寺の一つである三間山円通興国禅寺、1400年の歴史を持つ岩藏寺、修験場としての歴史をもつ清水山見瀧寺宝地院、京都八坂神社を分霊招来し、700年の節目を迎えた須賀神社、小城藩の祈祷所であった天山神社など歴史的な神社仏閣が点在しています。

 このように岩松校区には素晴らしい文化、歴史、自然、産業等があります。子どもたちには、ふるさと「岩松」のことを学び、理解し、愛着を持ち、誇りに思ってほしいと考えています。
このため、「子どもたちの笑顔があふれる学校」「保護者が安心する学校」「地域が誇りに思う学校」「教職員が生きがい・行きがいを感じる学校」となるよう『岩松ファミリー』として、教職員のみならず、保護者や地域の方々と連携・協働して子どもたちの心身ともに健やかな成長を図り、今年度の学校教育目標である「ふるさとを愛し 学び高め合う 心身ともにたくましい岩松っ子の育成~岩松っ子七つのちかいの実現をめざして~」努めてまいります。

 とは言いましても、今年度は、新型コロナウイルス感染症対策を最重要課題として学校運営に取り組まざるを得ない状況です。

 このため、行事等の見直しも迫られていますが、子どもたちの健康・安全を第一に、可能な限り子どもたちにとって有意義なものとなるよう取り組んでいきたいと思います。

 どうか、保護者・地域の皆様方には、今後も本校教育へのご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

令和2年4月

小城市立岩松小学校
校長  砂後 典之