TOP > 校長室より

校長室より

 本校は明治8年開校の永田小学校からスタートし、140年以上もの長い間、芦刈の地域の方々の夢と希望に支えられ、大切にされながら、芦刈小学校・芦刈中学校として素晴らしい伝統や校風を築き上げてきました。そして、その輝く歴史を礎として、平成26年4月1日に小城市初の小中一貫校(施設一体型)「小城市立小中一貫校 芦刈観瀾校」として開校し、今年度で6年目を迎えました。
  本校は、「ふるさとを愛し、未来を拓く、心身ともに元気な子どもの育成」を学校教育目標とし、今年も「ともに」と「つなぐ」という2つのキーワードを大切にして、一貫教育を推進しています。
  「ともに」は、『ともに学び、ともに考え、ともに創る』ことを目標に、子どもたち、保護者・地域の方々、教師など、子どもたちの学びと育ちに関わるみんなで、新しい学校である芦刈観瀾校を創り出していくことを表しています。
  「つなぐ」は、義務教育9年間の教育を系統的、計画的に推進し、子どもたちの学力や心身の育成を目指していくことを表しています。
  また、開校準備期間などの黎明期、現在の教育の形に至るまでの発展期を経て、今後は小中一貫校としてより充実した姿を求める時期が来ていることも忘れてはならないと思っています。
 このように、小中一貫校として未来へはばたき続ける芦刈観瀾校において、児童生徒の成長を見守り、支えることができる喜びを胸に、日々の教育活動に邁進していきたいと思います。どうか本校教育に対し、ご理解とご協力のほどをよろしくお願いいたします。

【平成31年度 重点目標】
  ◆ 学力向上
  ◆ 豊かな心の育成
  ◆ 基本的生活習慣と体力の向上
  ◆ 小中一貫教育の推進
  ◆ 生徒指導体制の確立
  ◆ 保護者・地域連携の推進
  ◆ 子どもたちの多様な体験時間確保のための改善

平成31年4月1日

小城市立小中一貫校 芦刈観瀾校 校長  森永 浩幸


トップへ戻る